うつ病を引き起こす原因は?

うつ病とは
うつ病とは、気分障害の一種で、他の精神障害と同じ、特定の原因はありませんけど、脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると考えられている病気です。通常、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などの症状が現れてくる場合、うつ病とされています。うつ病はだれにとっても身近な病気であると認められています。厚生労働省の調査によってうつ病の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。

うつ病の症状
うつ病の症状というと、だれでも、悲しくて気分が沈んだり、やる気がなくなったりすることがありますが、もし不眠、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった症状が続いている場合、うつ病になる可能性があります。具体的に言えば、うつ病の症状は精神症状と身体症状という二種類があります。精神症状は抑うつ気分、興味または喜びの喪失、思考制止などの表現があります。身体に疲労感・倦怠感、睡眠障害、食欲の減退、動悸・息苦しさ、口が渇くなどの症状があります。

うつ病の原因
うつ病の原因なら、根本的に脳の働きの障害に密接な関係があります。脳の働きの障害を引き起こす原因は内部原因、環境要因や性格因子などがあります。内部原因は遺伝・体質的要因ですが、過重労働や不規則な生活、ストレス、人生の転機などのことに刺激されてうつ病が起こることが多いと言われています。他には、真面目や、几帳面、責任感が強いという性格特徴がある方はうつ病にかかりやすいと報告されています。