うつ病の治療に有効な薬のご紹介

うつ病の治療薬とは
うつ病の治療薬とは、即ち、抗うつ薬です。うつ病の治療に対して、薬物療法、認知行動療法、栄養療法などの治療方法がありますが、一番よく使われているうつ病の治療方法は抗うつ薬の使用です。抗うつ薬は脳の神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリンなど)の減少をうつ病の原因と考えるモノアミン仮説に基づいて開発された薬です。抗うつ薬はやる気が出ない、落ち込んだ気分が続くことなどのうつ状態に優れた改善効果があります。

抗うつ薬の種類
抗うつ薬はうつ病の原因と考えられている脳内の神経伝達系に作用するものです。その化学構造や作用機序によって、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAという五種類があります。

SSRIはセロトニントランスポーターに作用し、神経細胞と神経細胞の間でセロトニンの量を調整するように働きます。不安症状をおさえる作用が強いので、抑うつ状態の他、不安症状が強い患者さんにも用いられます。SNRIは世界的に使われている薬です。セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するため、セロトニンとノルアドレナリンの働きを高めることができます。

NaSSAはSSRIともSNRIとも異なって、睡眠障害・食欲低下によく効きます。服用後、短時期で薬の効果が現れることができます。三環系は欝の症状の改善の効果が高いのですが、口の渇きなどの副作用が強く、効果が現れるのが遅いといわれている薬です。四環系は三環系抗うつ薬の副作用である抗コリン作用を少なくすることを目的として開発されたくすりです。