うつ病って何?|種類について説明

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。うつ病の種類は大きく分けて、大うつ病、双極性障害、気分変調症の3種類で分類されています。ここで具体的に紹介しておきます。

大うつ病

うつ病患者の中では、「大うつ病」の患者数がもっとも多いです。強いうつ症状が長期間続き、日常的に憂うつな状態が続きます。

大うつ病の症状

  • 抑うつ気分
  • 興味、喜びの著しい減退
  • 体重や食欲の増加か減退
  • 不眠または過眠
  • 精神運動焦燥または制止
  • 疲れやすい、または気力減退
  • 無価値観、または過剰か不適切な罪責感
  • 思考力減退か集中力減退か決断困難
  • 死についての反復思考

双極性障害

双極性障害とは、うつ状態と躁(そう)状態をランダムに繰り返します。

躁状態というのは、うつ病とは対照的に、「気分が高揚して活動的」「よくしゃべる」というような症状がでます。一般的にテンションが高くなるというような状態です。

双極性障害の症状

  • 自尊心の肥大、または誇大
  • 睡眠欲求の減少
  • 普段よりも多弁であるか、しゃべり続けようとする切迫感
  • 観念奔逸、またはいくつもの考えがせめぎ合っているといった主観的な体験
  • 注意散漫
  • 目標指向性の活動の増加、または精神運動焦燥
  • 困った結果につながる可能性が高い活動に熱中すること

気分変調症

うつ症状自体は大うつ病よりも軽いのですが、軽いうつ状態が2年以上も続いていると、気分変調症に分類されます。

気分変調症の場合、症状自体は軽いので抗うつ剤が効きにくく、環境を変えたり認知療法などで治療していきます。

気分変調症の症状

  • 食欲減退か過食
  • 不眠か過眠
  • 気力低下か疲労
  • 自尊心の低下
  • 集中力低下か決断困難
  • 絶望感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です